2007年10月26日

稲穂祭

10月25日(木)。早稲田大学では稲穂祭という行事がありました。
稲穂祭というのは、早慶の応援部が集結して応援歌や応援パターンのメドレーを存分に披露するイベントです。
要は、早稲田が大好きな早稲田に熱いやつらが集結するお祭りです。

こんな素晴らしい祭りに我輩が行かないはずがありません。
ということで、本日は授業を2コマも自主休講し行って参りました(苦笑)。
もちろん、レジュメ(プリント)やノートは友人におまかせして(笑)。
そして、開場1時間前から会場である大隈講堂前で待つ早稲田に熱いサークルの我々。
しかし、それでも入場の順番は2番目でした(汗)。上には上がいます(苦笑)。

稲穂祭自体は期待通り、いや想定の範囲外に楽しいものでした。
一部、慶應からわざわざこのイベントにやってきた輩と叫び合いになったり、
最前列付近で周りとの温度差を示すくらい異様に声張り上げたり、動いたりと(笑)。
早慶両校の校歌・応援歌・応援パターンはもちろんのこと、六大学の校歌・応援歌まで(汗)。
正直、我輩にはまだ認知できていないものが複数ありました。
しかし、それに付いていけてる先輩達は本当にすごいの一言(汗)。

今回感じたのは、慶應の応援部は「結構」面白いということ。
「早慶合同シンポジウム」と表されたイベントもとい演芸では、
亀田興毅の格好をして出てきたものの意外とトークは普通の人や
「金持ち」というイメージを逆手にとったお札を舞台上でばら撒くパフォーマー(笑)。
噂には聞いていましたが、ノリが非常に良いみたいです(笑)。
ちなみに、早稲田の応援部は「かなり」面白いですから(笑)。

本日、一番頭に焼きついたのは、大隈講堂の舞台に上がれたこと。
途中でお偉い先生が90分ほど講演を行ったのですが、
そのお話の最後に会場の皆で校歌を歌うことになり、

「それでは、皆さんも舞台へ。」

と気の利いた一言を。
そんな言葉を聞いて、我々が行かないわけがありません(笑)。
気がついたら、我輩が一番最初に舞台に上がっていました(汗)。
しかも、それを友人にばっちりムービーに収められているという次第(苦笑)。

いや、それにしてもまさか一般人を舞台に上げてくれるとは思いませんでした(素)。
舞台上で皆で肩を組み、見つめる客席はスポットライトで少しまぶしかった。
そして、本当に本当に我輩の眼の前で、応援部の主将が校歌に合わせて華麗に舞う。
こんな機会めったにあるもんじゃないです。一生の思い出です(素)。
posted by ごろー at 01:22| Comment(8) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インタビュー


10月24日(水)。大学近辺を歩いていると、1枚の手持ち看板が目についた。
早速、看板を持っている人の傍に行ってみると、

「あなたの夢を聞かせてください。」

と書かれており、近くにテレビカメラもあるではないか。
某テレビ局が正月の特番に向けて取材をしていたのだ。
こういう類のものについては、かなり積極的な我輩だけに、
もちろん、我輩の夢を話してきました。

取材班「あなたの夢を聞かせてください。」

我輩「競馬の実況アナウンサーです!」

という会話?(質疑応答)から始まり、
我輩の競馬への想いだとか、競馬を始めたキッカケ、競馬の実況アナウンサーという目標のキッカケ、
好きな馬、印象に残ったレースなどなど詳しく取材を受けてきました。

この番組では、街頭で人々にインタビューをし、テレビ局が「叶えましょう」と採用してくれれば、
それを叶えてくれる、またはそれを叶えるための手助けをしてくれるのです。
「採用してくれれば」ね。
採用されるには、こいつ(インタビューされた人)で作ったら面白そうな企画ができそうだとか、
そういう要素が必要なんだと思います。
あー、採用してもらえないかな。
posted by ごろー at 00:59| Comment(1) | テレビ・ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

深夜の惨劇

今日、風呂場から上がった時の出来事。
バスタオルを持ってくるのを忘れて、濡れた身体のまま、慌てて取りに行く。
風呂場に戻ってくる際、部屋に散乱している掛け布団が邪魔で飛び越えようとした瞬間。
来るときに通ったフローリングにはいくつかの水滴が落ちており、
着地した我輩は思い切り足を滑らせてしまった(泣)。
結果、顔面を強打(汗)。右目の下の小骨を強打(汗)。
同時に、すごい音がしてしまった。時刻は深夜0時。1階に住んでいる人、ごめんなさい(素)。
そして、すぐに腫れているのがわかった。
青タンできること間違いなし(泣)。ずっと残らないか非常に心配・・・(素)。
今は腫れた部分に冷えピタを貼って、応急処置をしています。
目の上のたんこぶならぬ、目の下のたんこぶである(苦笑)。
posted by ごろー at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年間のブランク

今日は塾の講師の面接と試験に行ってきました。
しかし、場所を間違えたために、少し遅れてしまい、
初っ端からマイナス印象を与えてしまった我輩(苦笑)。

面接は、とてもいい感じだったと思う。
しかし、試験が・・・。
我輩は英語と国語を選択。
問題は、日東駒専のうちの某大学の入試過去問から大問が1つor2つ。

受験期なら、いとも簡単に解けていた問題だと思う。
問題文は普通に読めたのだ。
読み方や印の付け方も記憶に残っていた。
しかし、英文法や熟語の知識の抜け落ちや問題別のアプローチの方法が頭の中でかなりあいまいになっていたりして結構飛んでいた(苦笑)。
受験期では、有り得ないようなミスで落としてしまったところもあった。

これが半年間のブランクというものなのだろうか(滝汗)。


しかし、採用は何とかしてもらえそうな手応えはあった。
我輩の「熱意を持って指導する」「気持ちを強く持って指導する」という理念もどきは、
相手に伝わったと思うし、その基となっているエピソードも話すことができた。
受験者の中でスーツで来ていたのは、我輩だけだったし誠意は伝わったと思う。
正直、場所・方針・勤務可能日などの条件が非常に我輩に合っているので、是非、ここで働きたい。
先方も帰り際には、「では、○○(今回採用試験を受けた塾名)で頑張ってください」と言ってくれたので、
大丈夫だと信じたい。社交辞令ではないと信じたい。結果は今週中にわかる予定。
posted by ごろー at 02:54| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創設125周年・当日

10月21日(日)。早稲田大学創設125周年当日。
我輩は前日マンガ喫茶で寝たにもかかわらず、
昼の12時から大学へ。
まず、我輩の先輩が出演されているチアリーディングのイベントを見させていただきました。
そのチアリーディングなんですが、実は全員男性なんです。
早稲田大学には男性だけのチアリーディングサークルがあり、学内では結構有名です。
演技も迫力のあるものが多く、女性チアとはまた違った良さ、楽しみがあります。

そして、15時ごろからはまた応援部による公演。
我輩は、早明戦支援会という早稲田に狂っているサークルの先輩3人とともに、
もちろん最前列で拝見。
OB・OGがいるとか、座っている人がいるとか全く関係なく、
我々は我々のいつもの通りにやっていました(笑)。
すると後日談になりますが、その姿を目撃していたアナウンス研究会の女子の先輩から、
「あの一番前のど真ん中で、激しくやっていた4人の集団は何だったの?」
と真面目に質問を喰らいました(激苦笑)。どんだけぇー(汗)。

18時ごろは、高田馬場駅から早稲田までおよそ徒歩で20分ほどの距離を、
車道を占有しての大パレード。
大隈講堂の絵が車体の側面に描かれた荷台付きのトラックや早稲田を代表するサークルなどが、
カオスな行列を繰り広げていました(笑)。
パレードは事前申し込み制で抽選だったため、我々は車道で参加できなかったのですが、
それなら歩道でということで、歩道の一番前を歩いて応援団の奏でる音楽とともに、
大合唱を繰り広げながら行進していました(笑)。
途中で、付近の店の人や住民にもノッてもらいながら楽しいひと時でした。

19時ごろからグランドフィナーレ。
その前に行われたイベントでは、タモリや福田首相、ゴスペラーズ、下平さやかアナウンサーも来校され、
大隈講堂の舞台上で手を振りながら校歌を唄っていたようです。
タモリが腕を振りながら、校歌を唄っているのは・・・とても不思議な光景でした(素)。
フィナーレでは、万歳同盟という820種類以上もの万歳のやり方を考えたり、
ひたすら万歳をやったりするサークルが出てきて、創設125周年を祝っていました(笑)。
中盤には、いきなり丸山弁護士が生で登場し、たくさん語ってくれました。
しかし、学生からは「話が長い。」という言葉もチラホラ・・・(苦笑)。
それに加えて最後に、丸山弁護士が「逆立ちが得意だ」と発言したら、学生から「逆立ち!逆立ち!」とコールがかかり、
なんとなんと、政治家が大隈講堂の玄関前で、大勢の聴衆を前に逆立ちをやってくださいました(爆笑)。
丸山弁護士、ノリをよくわかってらっしゃいます(笑)。

他にも、舞台上で「机の上の勉強より、遊べ!!」と言い放つOBだとか、
舞台上で遠まわしに総長を、大学を批判する125周年式典の学生運営委員代表者だったり。

本当に有り得ないことが有り得るのが早稲田なんだよな(笑)。
本当に、良い年に早稲田に入学できたと思う(素)。
posted by ごろー at 02:37| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創設125周年・前夜祭

ニュースや新聞でご覧になった方もいるかもしれませんが、
早稲田大学は10月21日(日)で創立125周年を迎えました。
なぜ125という中途半端な数字なのかというと・・・。
創設者の大隈重信は生前、人間は生物学的には無理をすれば125歳まで生きられると持論を展開したのがきっかけで、
その影響から、早稲田のシンボルでもある大隈講堂の高さも125尺に設定されたとか。
というわけで、早稲田大学というのは125という数字、年数に非常に縁があるところなんです。
だから、今回、早稲田大学が創設125周年を迎えるにあたって、お祝いをしようということになったんです。

そんなめでたい瞬間に立ち会うべく、我輩と所属している勉強系のサークルでは、
10月20日に創設125周年の前夜祭、カウントダウンをやろうということになり、
夜の9時に早稲田大学に集結しました。
最初は早稲田大学のシンボルである大隈講堂の前で隈飲み(注:大隈講堂の前で大隈講堂を肴に酒を飲む早大生の慣習)をしようとしていたのですが、
空気の読めない警備員に立ち去るよう指示を喰らい、結局近くの公園へ。
ビール、チューハイ、カクテル、ウイスキー、ワイン・・・。何でもありました(笑)。
正直、皆、酒の揃え良過ぎです(苦笑)。
そんな中、日本酒「久保田(万寿)」を持参し、それで熱燗(あつかん)をつくるために、
ガスコンロと鍋とおちょこまで持ってきていた1年生の男子がいました(笑)。
全く・・・頭が下がります(苦笑)。
そんなこんなで、どんちゃん騒ぎをしていると、またしても空気の読めない近くのおばちゃんに強制退去させられました(苦笑)。

時間もまもなく0時だったので、やむなく大隈講堂前に戻ってみると、
そこには我輩らと同じように創設125周年の瞬間を祝おうと集まった早稲田バカで溢れかえっていました(笑)。
カウントダウンが始まり、その瞬間を迎えると、深夜0時という時間帯も全くお構いなしに、
ひたすら「都の西北(校歌)」「紺碧の空(応援歌)」で深夜の大合唱(苦笑)。
もちろん、その中に我輩も加わっていたのは言うまでもありません(爆)。
あまりにもめでたくて、気がついたら知らない人たちとハグしていました(素爆)。

ここで気がついたことが一つ。電車もう無いじゃん(苦笑)。
やってしまいました。しかし、こんな時も気にしないのが早大生。
その場の流れで、和民に直行し、またもや皆で飲んでいました(爆)。
しかし、我輩は深夜の3時ごろに気持ちが悪くなってしまい、
途中でやむなく退散。電車もないので、やむなくマンガ喫茶のお世話になりましたとさ。
そんな状態で、翌日には創設125周年の式典を迎えたのであります(苦笑)。
posted by ごろー at 02:05| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲門祭

10月20日(土)、早稲田大学では稲門祭と呼ばれるイベントがあった。
稲門祭とは、簡単に言えばOB・OGが年に一度早稲田に集まる祭りなのである。
要は、早稲田大学OB・OGの文化祭みたいなもの。

普通なら行かないのだろうが、我輩は普通じゃないほど早稲田が好きなので行ってみた。
構内には、東国原英夫(知事)や海部俊樹(元首相)が講演に来ていた。
その司会を務めるのは、元フジテレビアナウンサーの露木茂(氏)。
なんなんだ、豪華すぎるぞ、この顔ぶれ(滝汗)。
しかし、我輩が行った時には東国原氏の講演は終わっていたし、
他の話を聞いても、面白くなさそうだったので、やむを得なく出店へ。

すると、アナウンス研究会の先輩がなぜか日本酒の店を出しており、
そこで日本酒「鬼ごろし」を試飲させてもらうことに(笑)。
昼間から酒を浴びるとは・・・(苦笑)。
しかも、試飲だけして買わないという悪行をやらかしてしまいました(苦笑)。
その後、和歌山の梅酒を100円で売っていたので、コップ1杯分をロックで入れてもらい、
再び昼間から飲酒の我輩・・・(苦笑)。

ついでに、貝殻付きの焼きホタテが売られていたので、
それも買って酒の肴に・・・。昼間からパーッとやってます(爆)。
すると、ステージでいきなり応援部の講演が始まったではありませんか!?。
こりゃ、もう行くっきゃない(笑)。
野球場にいるようなテンションで、「都の西北(校歌)」「紺碧の空(応援歌)」を合唱していました(笑)。
他にも、野球の応援メドレーもやってくれたので、テンションはもう最高潮。

そんな中、ぶらぶら歩いていると、山形かどっかから来ている店のおばちゃんに捕まり、
一袋100円でじゃがいもを買わされてしまいましたとさ(苦笑)。

ま、安かったからいいけどね(^^)。
posted by ごろー at 01:46| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内定


我輩の通っているアナウンススクールから先輩が二人、
アナウンサーとして内定をいただきました。
いや、本当にめでたいことです。
ということで、先週はアナウンススクールの方々で祝杯をあげてきました。
といっても、飲み会は毎回必ずあるのですが(笑)。
「飲み会」という名の「振舞いチェック」が(滝汗)。

我輩の通っているアナウンススクールは、
生徒が全部でおよそ15人なので、
その先輩お二人のことももちろん存じ上げています。
今日はその先輩のうちのお一人について書きたいと思います。

その先輩は九州のある放送局から内定をいただいたのですが、
アナウンサーになりたくて、5年生にまでなった方なんです。
(既卒だと受けられない試験もあるので・・・。)
およそ2年間のアナウンサー受験生活・・・。
地方局を受けるために、バイトもよくされていました。
精神的に辞めたくなった時もあったそうです。
そんな状況でも、我輩たち後輩にいつもアドバイスをくださったり、
励ましてくださったり、とても気配りをしてくださる兄貴のような先輩でした。
アナウンススクールでも、5年生までかかったのは初めてだそうです。

でも、先輩は今回アナウンサーになられた。
「何が何でもアナウンサーになりたい!」という気持ちが大事なんだと思った。
先輩を見て思ったのは、3つの強さが必要なんだということ。
「気持ちの強さ、忍耐強さ、冷静な強さ(=どんな状況でも周りに冷静に振る舞える強さ)。」
posted by ごろー at 01:31| Comment(0) | 家族・友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある授業の一コマ


我輩は今、朝鮮研究の授業を取っているのですが、
先日、こんな地獄絵図のようなできごとがありました。

アルバイトを終え、大急ぎで教室へ向かう我輩。
エレベーターを待っていると(若者なんだから階段、階段・・・)、
隣りの人に声をかけられました。
見てみると、我輩の単位が危うい朝鮮語の授業の先生ではありませんか!?(汗)。
しかも、先週は寝坊してその先生の授業を休んでしまった・・・(滝汗)。
とりあえず、先週のことをただひたすら謝っておきました(苦笑)。

その先生は非常勤で大学に勤めてらっしゃる先生なんですが、
この日は我輩が取っている朝鮮研究の授業を聴講にきたとか(汗)。
おいおい、こんなところで鉢合わせなんて運が悪すぎるぞ、我輩(苦笑)。

すると、今度は教室に入った直後に朝鮮語の美人な先生がやってきました(汗)。
おいおい、全く関係のない授業になんで第二外国語の先生が二人も来てるんだよ(苦笑)。
美人な先生は、不幸にも我輩の真後ろに着席されました。
「えっ、今日は退屈そうな内容だから寝ようと思ってたのに・・・」
なんて、まさかまさか思っていませんが(笑)、後ろからのプレッシャーに授業中ひたすら耐えていた我輩。

授業終了後、美人な先生が我輩に向かって、
「後ろにいたんですが、気付いてました?」
なんてことを言ってきました。
「あたりめぇーだろー!」
とでも言いたかったのですが、さすがに自重して、

「おかげで眠れませんでした。」

と答えておきましたとさ(苦笑)。




でも・・・・
来週は美人な先生の隣りに座るかw(マテ
posted by ごろー at 01:14| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

−白野−

早稲田大学は、今年創立125周年を迎えるということで様々な催しを行っています。
もちろん学生もそれらを見ることができます。
せっかくなので、我輩も17日(水)に早稲田大学大隈講堂で125周年を記念して行われたイベントに行ってきました。
催されたイベントはこちら。

一人芝居「−白野(しらの)−」(出演:緒形拳)

新国劇出身の名優、緒形拳を生で見てきました。
芝居は、緒形拳が舞台上で一人で全ての役を演じています。
不思議なものです。同じ一人の人が演じているのに、ちゃんと役ごとに違う人物をイメージできます。
そして、一人で演じているのに、そこに一つの物語、一つの世界がちゃんと創られているんです。
しかも、この一人芝居は90分間行われていたのですが、その間のセリフを全部一人で言うんですよ。
90分間のセリフといえば膨大な量です。それを全て完璧に覚えていて、舞台上で一人で何役もやりながら発するのですから、
それは並々ならぬものです。

芝居が終わった後、鳴り止まない拍手というのを初めて我輩は体感しました。
本当に身震いしましたよ、あれは。
その後、緒形拳が一度だけ舞台上に現れ、何か話をするのかなと思いきや、
威勢良く「さようなら」の一言だけ発し、奥へと帰っていかれました。
正直、かっこいいです。
格好をつける格好良さではなく、雰囲気やオーラの格好良さのようなものを感じました。

さすが一流の俳優さんです。
posted by ごろー at 01:01| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

芸能界デビュー


アナウンスサークルの先輩が芸能界デビューすることになりました(素)。
この先輩、テレビ局など50社を受けて全落ちしていたところ、
某大手お笑いプロダクションのオーディションを受けたら合格したという兵。
大学在学中は起業して社長をやったり、居酒屋で下半身を露出したり・・・
とにかく色んなことをやってのける、すごい人です(素)。

その先輩のデビューイベントが17日(水)に新宿の小さな劇場で行われたので行ってきました。
我輩は最前列中央に陣取ったのですが、気がついたときには隣りに先輩の事務所の社長さんと専務さんが座ってらっしゃいました(滝汗)。
イベント自体は、笑いあり笑いあり笑いありで個人的にはめちゃくちゃ楽しめました。
さらに、出演していたゲストの女子大生が我輩の通っているアナウンス「スクール」の先輩の彼女さんだということが判明(汗)。
いや、世間は狭いもんですな〜。
さらに、このイベントを企画した作家さんがアナウンス「スクール」の先輩の先輩であることが判明(汗)。
いやいや、世間は本当に狭いもんですな〜。

posted by ごろー at 02:29| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早明戦


15日(月)は授業が2コマ。
・・・しかし、この日は六大学野球の早稲田VS明治戦が・・・。
しかも、戦績が1勝1敗のため、この日の試合で決着がつきます。
でも、2コマの授業は語学と必修・・・(汗)。
あ、そうだ!!!こんな時こそ、あの精神だ!!!。

「そんなの関係ねぇ!!!」


ということで、15日は後期が始まってから
2週目にして授業をサボるというタブーを犯しながらも、
神宮野球場へ行ってきました(笑)。

平日なので、客の入りはそんなに良くなかったのだけれども、
最前列から2列目は我輩らを含めて、「いつもの」メンバー(笑)。
相変わらず、熱い人たちです(笑)。
しかも、我がサークルの先輩は、11時に並べば普通に前方のチケットを買えるにもかかわらず、
朝の6時から一人で並ぶという兵です(滝汗)。早稲田バカ万歳!!。

試合はハンカチこと斎藤佑樹が先発。彼は疲れもある中、よく投げましたよ。
しかし・・・内野の守備が2人連続でエラーしてしまい、
せっかくリードしていたのに同点に追いつかれる始末。
そして、9回ウラにサヨナラ負け・・・orz。
明治の観客席から飛んできた「(サヨナラ勝ちは)筋書き通り!!」の言葉が耳に刺さりました・・・。
負けた瞬間、早稲田側の観客席は深くうなだれていました・・・。
春秋通じて、早稲田が負け越したのは初めて・・・。
しかも、負けた相手は明治。仲の悪い明治(苦笑)。

結局、この日は負けたことで落ち込んでしまい、
必修の授業が間に合うにもかかわらず自主休講。
そして、翌日の必修の語学も自主休講(爆)。
馬鹿でごめんなさい(苦笑)。

頼む早稲田よ、早慶戦で勝って優勝を決めてくれ!!。
そして、3連覇という歴史的偉業を達成してくれ!!!!!。
posted by ごろー at 02:13| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

大切なもの

jyosou.jpg

大学に入ってから大切なのは、その場のノリととにかく勢いである。
(サークルの合宿で行われたイベント時の画像より)
posted by ごろー at 03:58| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビラ配り

今週から新しいアルバイトを始めました。
駅員につづき、2つ目のアルバイトです。

内容は早稲田大学周辺でのアルバイト情報誌の配布。いわゆる、ビラ配りです。
時間帯は自由で、1日のうちの都合の良い2時間で働きます。
しかも、働きたい日だけ働ける日だけで良いので、自分の予定や気分次第でやれます。
当日、急に時間ができたから、なんていうのもOK!。
ビラは余っても、そんなの関係ねぇ!。時間制でお給料ももらえます。
これで時給1100円なんですから、おいしいバイトです。
加えて、日払いなので困った時には非常に助かる。

ただ・・・早稲田大学周辺なので配っていたら普通に知っている人に会うことがしばしば(苦笑)。
だいたいの先輩や同輩は、我輩が配っているとビラをもらってくれます。みんな優しい(泣)。
仕事自体は、声を出す仕事なので、我輩にとってはやっていて楽しい仕事です。
それに、通行人がビラをもらってくれた時なんかは結構嬉しいもんですよ。
初回は82枚もビラが残ってしまったものの、2回目は52枚と着実に成果も上がっています。
配布している時は、「ハキハキとした声で小気味よく」を心がけているのですが、
先日、ビラをもらってくれた人に「ハキハキしていて気持ちが良い」と声をかけられた時は、
自分でも驚くくらい嬉しかったですね。

今まで、何気な〜く見ていたビラ配りですが、
いざ実際にやってみると、配る側の気持ちが本当によくわかります。
ビラをもらわないで素っ気なく立ち去られると、やはりあまりいい気持ちはしません。

良いことにしても、悪いことにしても、経験してみないとわからないことって意外と多いものです。
posted by ごろー at 03:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅飲み

朝鮮語のコンパが終わった後、帰宅して寝る・・・はずだったんですが、
コンパで一緒だった友人が、「泊めてくれ!」と懇願するので、
やむなく我が家へ。そして、仲の良いもう一人の同級生もその場のノリで、
強制的に我が家へ連行。
いやいや、彼はバイト夜勤明けなのに連れまわしてしまい悪かった(苦笑)。

当然、我が家では「もう1杯やろう!」ということになり、
缶チューハイやら梅酒やらカップ酒やらおつまみやらを買い込んで、
結局、朝の4時半まで男3人で飲んだくれていました(苦笑)。
大学生なんて、こんなもんです(マテ。

しかし、ただ単に酒を浴びていただけでなく、
3人でこれまでのこととかこれからのこととか、
または哲学の話だとかクラスで誰が可愛いだとか(笑)夜な夜な熱く語り合っていました。
とても有意義な時間だったと思います。
こうやって、仲間と時間も忘れて夢中で話せるのも楽しいもんです。幸せです。


しかし・・・。
次の日の朝鮮語の美人な先生の授業では、
3人とも完全にお亡くなりになっていましたが(苦笑)。
posted by ごろー at 03:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮語コンパ後編


飲み会の場所は、大学近くの某韓国料理店。
我輩の座席は左隣が男性教授、正面が美人な先生という恐ろしいところでした。
しかも、男性教授は意外とトークが上手い!。
そして、色んな無茶振りを我輩にもしてきます(汗)。
たとえば、韓国人の店員さんが接客に来たとき、


教授「あなた(我輩)、何か朝鮮語で言ってみなさい。」

我輩・・・(朝鮮語はよくわからないが、店員さんはとにかく美人だ(爆)。)

・・・。

我輩「ビューティフル!!(汗)」


一瞬、場が凍りつきましたが、教授のナイスツッコミもあり一命を取り留めました(汗)。
しかし、美人な先生は「相手にされないわよ・・・」とぼそっと一言(泣)。
「ぼそっと」は辞めてください。オイシクもないし、凹むだけです(苦笑)。
そうなんです、上記のやり取りからもわかるように朝鮮語の美人な先生は、
ツッコミが結構きついのです(汗)。この後も何度かジョブを喰らいました(滝汗)。
しかも、お酒も強い。どんだけ飲んでも肌は真っ白です(汗)。
さすがは「お酒は好き」と豪語するだけのことはあります。

男性教授は気前が良く、コース料理が終わると、
「もっと食べよう」と言い、1杯3000円もする大鍋料理を2杯も食べさせてくれました。
また、チャミスルを始めとする2種類の韓国酒もご馳走してくれました。
トークも各々の先生の経緯や韓国、競馬、目標、早稲田、俺の単位(苦笑)・・・などなど盛りだくさんで、
結局「途中で帰る」と言っていた教授と先生も最後までずっと一緒に過ごすという結果に(笑)。
何とも楽し過ぎる、贅沢なひと時でした。
あとは・・・まさか店内で校歌を唄わされるとは・・・(苦笑)。
その場のノリには逆らえません(笑)。
posted by ごろー at 03:22| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

朝鮮語コンパ前編

10月9日(火)に、初めて朝鮮語のクラスでの飲み会がありました。
普通だと春に行われるものなのですが、発起人が誰もいなかったため、
ずるずるとやらずに秋まできてしまいました。
我輩も春から「お前が幹事をやってクラスコンパをやってくれ」とか
周囲に言われていたものの、春は何だかだ言って忙しく、なかなか重い腰を上げられずにいました。

しかし、秋になって10月上旬に時間的にも少し空きがあったため、
結局、周囲の期待通り我輩が幹事をやってクラスコンパを行うことに。
今秋、飲み会の幹事2回目です・・・(苦笑)。

最初は、学生だけでやるつもりだったのですが、
担当の一番お偉い男性教授に話してみたら、ものすごく乗り気で、
いきなり、
「僕はこの日からこの日までなら空いているから」
と言われ、急遽教授も参加決定!(汗)。
それなら、もう一人の朝鮮語の美人な先生も誘っちゃえ!ということで、
というよりクラスの男子(我輩を含む)から要望が出たため、呼んじゃうことに(笑)。

しかし当日、待ち合わせ場所に男性教授がなかなか現れない(汗)。
焦って、美人な先生に「○○先生に電話番号ご存知ですか?」と尋ねると、
「あー、○○先生(男性教授)は携帯電話をお持ちでないから。」という返答(汗)。
さすがに我輩も他の学生も驚きを隠せませんでした(苦笑)。
後々、男性教授に携帯電話を持たない理由を聞いてみると、
「拘束されるのが嫌だから」だそうです。どれだけ自由人なんだYO!(滝汗)。
posted by ごろー at 04:18| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京競馬場

10月の連休最終日、10月8日(月)。
所持金は12000円。これで今月20日まで暮さなければならない。
しかし、20日までに飲み会が少なくとも4回(汗)。
こりゃ、無理だろう・・・。ということで、一発狙ってみることにしました。
場所は、東京都府中にある東京競馬場。軍資金は5000円。

一度訪れたことはあるものの、大学進学後に来るのは初めて。
まずはゲートを通過してすぐのところにいるお馬さんに挨拶をし、いざ出陣。
結果は・・・orz。
我輩は1着と2着を当てる「馬連」という方式で一銭を投じていたのですが、
この日、我輩が運命を託した馬は1着と3着とか1着と4着という組み合わせばかり。
こんな日は、早めに切り上げるに限ります。
結局、半分の2500円を投じたところで、この日は幕を引きました。

しかし、東京競馬場に来たのは単に賭けることだけが目的ではない。
やはり我輩は競馬の実況アナウンサーに一番、憧憬を持っているのだけれど、
現在はテレビ局やラジオ局のアナウンサーになるためのアナウンススクールに通っている。
もちろん、テレビ局やラジオ局のアナウンサーでも、競馬の実況はできる。
けれども、競馬の放送を行っている局というのは極限られている。

我輩は、やはり「競馬の実況アナウンサー」にこだわりたい。
だから、テレビ局やラジオ局だけでなく、競馬場内の実況アナウンサーの道にも挑戦したい。
以前からずっとそう考えていた。
それに、競馬場内の実況アナウンサーはテレビ局やラジオ局のアナウンサーと比べて、
馬の流れの実況のスムーズさや最後の直線の盛り上がりが圧倒的に違う。
むしろ、我輩は今現在実況している「局の競馬実況アナウンサー」と「競馬場内の実況アナウンサー」
どちらが好きかと問われれば、間違いなく「競馬場内の実況アナウンサー」と答えるだろう。

だから、競馬実況を専門に扱っているスクールにも出来ることなら通いたい。
そこでは、VTRを見たり、実際に競馬場に行ったりして実況練習を積むそうな。
実際に、競馬場内の実況アナウンサーやラジオ局の競馬実況アナウンサーを多く輩出している。
だが、競馬実況を専門に扱っているスクールの費用は半年で300000円。
並の学生が負担できる額ではない。
でも、この日、競馬場に来て感じたことは一つ。

「やはり競馬の実況アナウンサーが『一番』好き。」

この気持ちは、どうしても変わらないということである。
来年の11月、もしくは再来年の11月に競馬実況専門のスクールにも通えるようにアルバイトをしよう。
そして、「局の競馬実況アナウンサー」と「競馬場内の実況アナウンサー」に挑戦したい。
競馬ができるのなら、どこでもいい。
やはり、競馬の実況アナウンサーに一番なりたいのである。
posted by ごろー at 04:04| Comment(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サボり

大学生ともなると、授業をサボることも「普通」になってくる。
「サボって何をするの?」と聞かれれば、
たいていの人は「アルバイト」「家にいる」と答えるだろう。
しかし、早稲田では少し事情が違うらしい。


友人A「これからご飯食べに行こうよ。」

友人B「おっけー。」

友人C「お前、授業じゃなかったっけ?」

友人B「あー、授業切るわぁ(切る=休む)」


授業を休んで、友人と飯食いながら、そのままずっとお喋り。
もしくは、授業を休んでカラオケやボーリング。
そんなことがしばしば起こるのが早稲田の特徴である。
実際、我輩も11日(木)に同じことをやってしまった(苦笑)。


先輩A「みんなで飯でも食いに行こうよ。」

我輩・・・(俺、次は授業がある・・・)

先輩B「どこにする?」

先輩A「お前、授業あるんだよな。どうする?」

我輩「そんなの関係ねぇ!っすよ。行きます、行きます〜(笑)。」


結局、このやり取りが行われてから23時ごろまで先輩と喋ってました(爆)。
授業よりも色んな人と積極的に交流する方が大事です。
posted by ごろー at 02:48| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

親しい教授

先ほどの日記で紹介した「早稲田を知る」という授業。
実はこの授業を運営しているのは、夏の合宿授業でお近づきになった教授なんです。
先日も、神宮球場の外で待機していると、遭遇したのですが、
その時もチケットをいただいたりと何かとお世話になっています。
夏合宿の授業で一緒だった別の学生は、サイゼリヤでたまたまその先生と隣りの席で出くわし、おごってもらったそうです。
何と言えばいいのか、本当にノリが良くて気前の良い先生なんですよね。
夏合宿の時も、女子が「体重計が欲しい」と言ったら、すぐに買ってくださったりとか(笑)。
もう顔も覚えてもらっているようで、会った時は必ず挨拶をしています。

そんな先生なのですが、実はものすごい人だったらしい(滝汗)。
卓球界の権威だとか。
過去にアジア大会で団体戦の監督を務められたりだとか、
福原愛ちゃんにフォームの助言を呈したりだとか(汗)。
他にも担当のゼミでは、プロ野球選手もいたとか。

どうなってんだよ、この大学(素)。
posted by ごろー at 03:49| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。