2007年11月28日

子連れ狼がやってきた

10月末、北大路欣也が大隈講堂にやってきました。
創立125周年記念事業の一環でトークショーをやるとか。
記念式典でなぜトークショーなのかは疑問ですが、
あの「子連れ狼」がやってくるということで足を運んでみました。


会場は、そりゃもうファンのおば様方でいっぱいですよ。
誰でも入場できるので、夫婦で来るわ仲間で来るわ。
そんな中、ポツン大学生の我輩。
はい、そこ!老け顔だから問題ないだろとか言わない(自爆)。


そして、司会役と北大路氏との対談形式でトークショーが開始。
北大路欣也さん・・・やはり格好良いです(素)。
眼が大きく、眉がキリッとしていて、鼻が高い。
そして、何より格好良い風格があります。
ご本人はお芝居の時の堅いイメージとは、かなり異なっていて、
お話のとても上手なおもしろい人だという印象を受けました。


お話自体は聴き入ることできるお話が多かったです。
北大路さんは早稲田大学の第二文学部OB(初耳でした・・・)。
そして、父親は有名な時代劇の俳優で北大路さん自身も幼いころから芝居の世界に。
しかし、親の七光りに頼らず、大学からシェークスピアの演劇の世界、つまり父親とは別の道を歩むことに。
やがて成功し、時代劇も再びやるようになったのだとか。

頼れるものがあるにもかかわらず、それにすがらず、
自分の世界を自分で見つけて歩まれたことに畏敬の念を覚えました。
posted by ごろー at 17:06| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

皆様へ

いつも見てくださっている皆様、更新が半月も滞ってしまい申し訳ありません。
実は今、以前よりもかなり忙しい状況なんです。
学祭、合宿、飲み会・・・。さらに駅員と塾講師のアルバイトも始まり、またさらに、単位の危機も・・・(激苦)。
加えて、学祭が終わったあたりから体調を崩して鼻詰まりなど風邪気味の症状が出たり・・・。
ここ半月のことも含めてまた更新していきますので、これからも見てやってください。よろしくお願いします。
posted by ごろー at 00:36| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思わぬ遭遇

そういえば、早慶戦で順番待ちをしていると、
いきなりカメラや機材を持った集団が。
こりゃ、早稲田の観客を取材に来たのかと思いきや、
なんとなんと向い側の道路でドラマの撮影が始まってしまいました。

何のドラマか、誰が来るのか興味津々で見ていると、
何とそこには、女優の水川あさみがいるではありませんか(汗)。
どうもフジテレビの「暴れん坊ママ」の撮影らしい。
役柄なのかもしれないが、それにしても派手だなぁ。
スタッフの格好が地味だから、より浮き上がって見えるのかもしれないが。
なんてことを思っていたら、球場内へ移動という係員の声が(汗)。
球場へ行くには撮影現場の真正面を通らなければならない。
これは間近で水川あさみを拝めるチャンス!!!!。ドキドキしながら移動する我輩。
すると、うまいことタイミングも合い間近で拝見できました。
それにしても女優さんというのは綺麗なもんです。
テレビの画面で見るよりも、かなり綺麗でした(素)。
そんなことを思っていたら、何やらとても驚かれている様子の水川あさみさん。
何事か!?と思いきや、
早稲田LOVEのピンクTシャツや学ラン+下駄を身にまとった我々の姿に対してでした(苦笑)。
そりゃ、そんな格好をしたのがおよそ15人も目の前を歩いていたら、
芸能人じゃなくとも驚くわな(苦笑)。
posted by ごろー at 00:28| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

早慶戦@優勝パレード



東京六大学野球では、優勝するとパレードがあります。
優勝の興奮冷めやらぬ中、応援部と野球部、そして早稲田狂の早大生が首都中心部の大道路を占拠し、
早稲田大学まで狂喜乱舞しながら行進するという名物イベント。
我輩は今回初めてこれに参加してきました。最前列で(爆)。
おかげで後ろからの突撃が半端なかったですが(苦笑)。

明治神宮から新宿を経て、早稲田大学まで帰る間、
ひらすら校歌や応援歌を歌いまくります。
そして、通りがかりに目に入ってくるものの名前をひたすら連呼したりします。
たとえば、近くに松屋があれば、「松屋!松屋!松屋!松屋!」といった具合に。
意味????そんなの特にありませんよ。楽しけりゃいいんです!(キッパリ

場所が早稲田界隈に入ってくると、500mlペットボトルのお茶や酒を無料で街の人が配ってくれます。
そして、パレードがやってくると紙吹雪や風船、シャボン玉を建物の2階や地上から扇風機にのせてバラ撒いてくれます。
別に大学に要請されてしているわけではありません。
本当に街の人がご厚意で、野球部の優勝を祝ってくれているんです。
その温かい光景に、我輩は思わず涙してしまいました(素)。
いや、本当に心が熱くなるくらいの一体感を感じられます。
早稲田ってそういうところなんです。街と大学が、いや街と大学生が一体となって出来ている場所なんです。
人の温情に触れられるところが早稲田にはあるんです。
posted by ごろー at 23:23| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早慶戦+明治

待ちに待った早慶戦。
第一戦は投手戦となり、延長12回までもつれた末、1−0でサヨナラ負け。
第二戦は、序盤から流れをつかみ、早稲田の勝利。
第三戦は、前日の勢いそのままに得点を重ね、早稲田が勝利。
見事に昨年の秋から3季連続の優勝を決めたのでした。


早慶戦で面白かったのは、早慶の観客の質の差。

慶應側は、早慶戦の間は大学を「休講にしている」にもかかわらず、全く大学生と思しき人の姿がない。
客席を埋めているのは附属校と思われる制服姿の集団。
しかし、それでも人数が揃わなかったのか、挙句の果てには附属の幼稚園(幼稚舎)の園児まで呼んでいる始末(苦笑)。

対する早稲田側、早慶戦の間でも「休講ではない」にもかかわらず、観客のほとんどが大学生と思しき方々(笑)。
おいおい、お前ら平日なのに学校は?授業は?(苦笑)。
そんなの全く関係なく応援に来るのが早大生なのです(笑)。
やっぱり、我輩も含めてお前らバカだな〜(笑)。
ところどころ、OBやOGの姿も見られる。
中には、3日間連続で来ている定年後と思われるおじいさんの姿も。
一番驚いたのは、名古屋から応援に駆け付けたというおじいさん。
試合観戦が終わった後は、山手線(環状線)に5時間ほど乗車し、何周もしている間に睡眠。
終電が近づくと降車し、マンガ喫茶で時間を潰す。
そんな生活を早慶戦の3日間、繰り返されていたいそうです(汗)。
早稲田は何年経っても、早稲田だなぁと感じた瞬間でした(笑)。
年老いても、アグレッシブに活動される姿に少しの敬意を抱きました。

そして、実は「早慶」戦にもかかわらず、もう一つ違う層の観客がいます。
それは、明治側の観客。今回の早慶戦で慶應側が2勝1敗で勝ち越せば、
慶應と明治で優勝決定戦が行われることになっていたんです。
だから、明治の人間もそりゃ、必死なわけで・・・。
ただ、明治側の人間のすごいところは、
慶應側の応援席にいても、慶應の人間よりも目立ってしまうところです(笑)。
チームカラーの紫紺を身にまとい、慶應の人間より動きにキレがある。
だから、反対側である早稲田の応援席から見ていても、すぐにわかるんです(笑)。
その光景は、早稲田側から見ている人間にとっては爆笑でした。
posted by ごろー at 23:02| Comment(1) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早慶戦@開始前


10月28日から3日間、明治神宮野球場では早慶戦が行われました。
このカードに勝ち越すか否かで優勝が決まる大事な一戦。
私ごろーは、もちろん3日間とも観戦してきましたよ。
平日?授業?・・・そんなの関係ねぇ!!(爆)。

早めに並ばないと、前の席が埋まってしまうため、
始発に乗っていざ明治神宮へ。
車内で早慶戦を管轄している某サークルの早大生を発見。話かけてみました。
すると、早慶戦に関する仕事があるわけでもないのに、
ただ観戦するだけのために始発で来ている我輩に対して驚かれました(苦笑)。
現地に着くと、外はまだ薄暗い。並ぶ場所がわからず、何度も行ったり来たり。
時刻は早朝5時半。しかし、応援部の方々はもう既に到着されていました。ご苦労様です。

しばらくして、サークルの先輩方を発見。
既に数時間もここで過ごしているかの様子。
何時入りなのか聞いてみたら、深夜3時に「徒歩」で来たと・・・。
どんだけぇー!どんだけぇー!どんだけぇー!
深夜に職務質問を受けながらも現地にたどりついたそうです(苦笑)。
何だか野球が始まる前から異様に頑張っている我々なのでした。
posted by ごろー at 22:34| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。