2009年06月08日

映画「ハルウララ」


映画「ハルウララ」を鑑賞しました。
かつて100連敗以上の記録をつくり、世の中を席巻した馬です。
実は、ハルウララについては、映画も作られていたのです。
西日本の一部だけで公開だったので、あまり話題にはならなかったのですが。

この作品は、ハルウララ以外に競馬の問題をいくつか伝えている作品だと思う。
まずは、地方競馬の経営状態。
不況により各地で地方競馬が廃止されている。
ハルウララのいる高知競馬も、廃止寸前だった。
馬をレースに出すと貰える出走手当も、半額にカット。
賞金も減額して運営してきた。
そういった困窮した状況の中で、どうにかして脱しようと高知競馬の人々がもがいて、
見出したのが、連敗記録更新中の「ハルウララ」だった。
ハルウララを通して、少しでも多くの人に地方競馬の困窮を知って頂ければと思う。

次には、馬の行く末。
高知は全国の競馬場の中でも、かなりランクが低い(失礼!)。
だから、そこで勝てなくなると、もう他に活躍できる競馬場はない。
そうなると、ほとんどの馬がお肉になってしまう、残念なことに。
何頭かは、運良く乗馬クラブで第2の人生を送れることもあるのだけれど、極まれ。
この映画では、勝てない馬がどうなるのか、
これまで世話してきた馬を処分場へ送り出す気持ち、送りだされる馬の気持ち、
競馬の裏の部分が多く描かれている。
ほんの一握りの強い馬だけ生き残り、9割がたはお肉になってしまう。
その現実をしっかり伝えている。
普段あまり注目されることのない競馬の一面をもっと知って頂ければと思う。

地方競馬の戦い、苦しみを伝えるには、いい映画だと思う。
それだけに、全国ロードショーしてほしかった。

本当は、全国ロードショーの予定だったのだが、
馬主がトラブル起こしてハルウララを強制的に自らの牧場へ連れて行ってしまったため、
西日本の一部でしか公開できなくなってしまった。風評というのは恐ろしい。

普段、地方競馬に関心を持たない人に、
地方競馬の実情を知っていただく、絶好のチャンスだったのに。
こんな馬主が二度と表に出てこないことを祈りたい。

この馬主は慈善事業で、競馬で走れなくなった馬を引き取っている。
それによって、一頭や二頭の命を救っているのかもしれない。
でも、この映画が全国で公開されることによって、
地方競馬に関心を持つ人が増え、もっと多くの馬の命を救えた可能性もなきにしもあらずだと思う。

ハルウララ自体については、映画の中だけでも平穏無事に引退レースできて、良かったと思う。
(実際には、馬主が強制連行したため、引退レースも引退式もできなかった。)
posted by ごろー at 02:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイ



・・・


ケータイ、失くしました。
酒を10杯以上飲み、グデングデンに酔いつぶれ・・・
朝は何とか家の布団にいたのですが、
気分が悪く、便器とお友達に。
やや回復して、ケータイを探すと家の中にない。
大掃除して、細かいところも覗いて、冷蔵庫の中も見たけど、ない。
パソコンからケータイにメールを送り、音が鳴るか確かめてみたものの、音もせず。
そこで、呑んでいた店に2回くらい聞きに行きましたが、発見されず。
店から家までの道の途中にある駐在所にも、届け出はなし。
結果、ケータイ利用を全て止め、アドレス帳にもロックをかけてもらいました。
個人情報流出は、何とか避けられそうです。
それにしても・・・やっちまったなぁ。

番号とアドレスは、そのままで機種変更という形で新ケータイを手にすることになりそうです。
連絡先は、変わりません。
ただ、俺はアドレス帳を全て1から作り直さねば。何日間かかるやら。

そういえば、先日授業で講演にきた某テレビ局の部長さんが、
何でもラッキーだと思え、とおっしゃっていました。
その方は、奥さんがガンになっても、
ラッキー、これでガンになった人の家族の気持ちを知ることができる、と考えたそうです。
さすがに私は、まだその域には達していませんが、
その視点に立つならば、
「アドレス帳を整理できて、ラッキー」
「一度喋って、連絡先だけある人を淘汰できて、ラッキー」
「ケータイがないと、不安感が尋常ではないことが体験できた、ラッキー」
「酒に呑まれ過ぎると痛い目に遭うと学習できた、ラッキー」
と捉えられるだろう。

うん、ちょっと気持ちが晴れてきた。
posted by ごろー at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

阿修羅を訪ねて

空前の仏像ブームの火付け役、阿修羅像を観に行ってきました。
上野で開かれている、阿修羅展。
既に入場者数80万人を突破したとか。
展示期間終了間際ということもあり、人込みを避けるべく平日の昼間に。

CIMG0515.JPG


しかし、上野駅前は、予想以上の人・・・

200906031519000.jpg

CIMG0518.JPG

そして、阿修羅展の会場は、さらに予想以上でした(苦笑)。
100分待ち・・・平日なのに、なんでやねん。
でも、今日見るしかなかったので、並んできましたよ(滝汗)。
並び始めたのが15時半、会場に入れたのが17時でした(苦笑)。

しかし、会場内では仏像に人が群がって、
とても仏像の前で説明書きを見ながら、鑑賞できる余裕はなく・・・
さっと見て、さっと説明を読んで、はい、次へという90分待ってコレかい!という状況でした。

ただ、阿修羅像以外にも、八部衆像のように高校・日本史で出てくる有名どころを拝見できました。
予想以上に大きな仏像もあり、驚きましたね〜。
阿修羅像以外でも、それぞれの仏像で表情が違っていて、
この仏像は憂いを帯びている、苦痛を表わしているとか勝手に推測して鑑賞していました。
阿修羅像の展示では、360度から拝見できるため、
阿修羅像が、人によって四面楚歌の状態でした(苦笑)。
100人以上が阿修羅像の周囲にいたように感じます。
こんなに見られたら、阿修羅もはるばる東京まで来た甲斐があったというものでしょうか。

最後は、阿修羅展のパネルの前でピシャリ。
CIMG0524.JPG

あっ、違う。忘れてた。
ここは、やはり阿修羅ポーズじゃないと。
CIMG0528.JPG
posted by ごろー at 03:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。