2007年12月09日

バカ

地井武夫の某番組によると、早稲田とは「絶えずバカが入れ替わる街」だそうだ。
全く否定のできない事実であるから仕方がない。
そして、そんなバカのなかに我輩も含まれていることは言うまでもあるまい。
だから、レポートも提出期限ギリギリにならないとやらない。
それが原因で、1日に4コマも授業を自主休講にしてしまうこともある。

先週の木曜日、我輩は2日連続のバイトとその疲れから来るダラダラで
この日まで放置していたレポートにとりかからなければならなかった。
提出は翌日の金曜日。構想なんてほとんど練っちゃいない。
朝起きたときから、これは今日丸一日かけないと間に合わないと感じ、
お友達に電話。とりあえず、その日の授業のレジュメ(プリント)の確保を要請する。
運良く2人のお友達に繋がり、2コマ分は確保に成功。素で感謝しなければならない。

おかげでレポートに集中して取り組めたわけなのだが、
完成に10時間、深夜0時までかかってしまいました(滝汗)。
途中で、何度心が折れそうになったことかわかりませんが、
単位とれないと進級できない科目だったため、そりゃもう必死でした。

内容は大まかに言うと、日本・スウェーデン・フランスの非法律婚(not結婚)を取り上げ、
婚外子(結婚していないカップルから生まれる子)の数が出生率の増減に繋がっていることや
婚外子に対する日本の法的待遇が憲法や国際法に反している点を論じました。
ま、小難しい話は嫌いなので詳しくは書きませんが、
今までの中で一番マシなレポートに仕上がったという気持ちはある。

10時間かけただけのことはあった・・・。
あとは担当の先生からどのような講評をいただけるか。
正直、これが一番怖かったりする。
posted by ごろー at 02:59| Comment(0) | 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。