2008年10月15日

生きてます


一応、生存報告しときます(笑)。
後期が始まって、しかもアナウンサー受験への勉強も本格化してきて、最近忙しいんですよ。
アルバイトもして、生活費や旅費、自転車イベントへの参加費も稼がないといけないんで。

11月、実家に帰れるのなら帰って、
京都の紅葉でも見に行きたいなぁ。

posted by ごろー at 02:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

旅行記―取り急ぎ―

ずっと放置していて、ごめんなさい。
ここ最近、ずっと旅に出ておりました。
そのため、一人暮らし始まって以来の金欠です(苦笑)。

東北では、85km。
北海道では、175km。
佐渡島では、150km。
あくまでも推定ですが、合計400kmをチャリで旅してきました。
今までにないくらい、太ももが固くなっております。
せっかくなので、大学が始まってからもトレーニングして維持したいところです。

東北では、まさかまさかデジカメが今年二度目のあの世逝きに・・・。
仙台の肉厚の牛タンが忘れられません。
2日間で牛タン3回食べました。

北海道では、とことん馬尽くし。
帯広競馬場では、たまたま「人間レース」の企画をやっていて、もちろん出場。
7枠ごろー、で結果は9頭・・・いや、9人中7着。
途中から、勝てないことを悟り、ボルトのマネをやってました。欽チャン走り〜。
それと、3日間かけて馬産地で牧場巡りを敢行しました。
ひたすら、チャリをこぎまくった日々・・・
草原、馬と海の不思議なコントラスト。
会いたかったたくさんの名馬との再会を果たしました。
来年も絶対にやりたい、そして今年中にもう1度北海道に行って、
今度は馬の牧場で仕事を体験させていただきたい。
9月中に、お役所に問い合わせてみます。

佐渡島では、道を訪ねたお爺さんにいきなり生のサザエをいただき、
大きな石で貝殻をかち割って食べるという、とても原始的な体験をしたり、
夜の県道でリアルに遭難しかけて、ユースホステルのオーナーに助けていただいたり・・・。
また、2日目のユースホステルでは到着するなり、いきなり焼酎をいただくなど、
東京ではできない、非日常的な空間を堪能しました。

本当はもっともっと書きたいことがいっぱいなのですが・・・。
時間に余裕ができたら、詳しく書きます。
・・・たぶん、書きそうにないな(苦笑)。

とりあえず、画像だけでも。

P9110145.JPG
posted by ごろー at 01:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

チャリダー

200809081745000.jpg佐渡島をチャリで一周しています。
上り坂が多くて死にかけてます。
上陸三日目にして、初めてコンビニを発見しました(涙)
みずほ銀行がありません(汗)。
昨日宿泊したユースホステルで常連客に焼酎飲まされました(苦笑)。
リアルに遭難しかけて、ユースホステルのオーナーに救助されました(素)。
オジサンに道を尋ねたら、活きているサザエをくれました。通り掛かりのお婆さんから非常に原始的な捌き方を教えていただき、その場で石で貝殻をカチ割って食べました。超新鮮。
定食屋でカレーライスを頼んだら、レトルトカレーが出てきました(苦笑)。牛丼を頼んだら、レトルトの具をご飯に乗せただけのものが出てきました。


以上、携帯電話から。


posted by ごろー at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

夜行バスの座席

新幹線の座席以上に「当たり」「外れ」が分かれるのが、夜行バスの座席だと思う。
8月10日、東京から大阪に帰る夜行バスに乗った。
23時10分発のはずが、お盆シーズンの混雑もあり、
出発は10分遅れ、乗車バス停が急遽1番から2番に変更されるなど、
この時期ならではのアクシデントもいくつかありましたが、何とか乗車できました。

そして、座席を探してみると、2階席の6A。
ちなみに、今回乗車したJRバスの3列タイプだと列はA〜Cまで。
ということは、AまたはCは窓側なのである。
この時点で、窓側確定!やった!!
窓側の方が頭を傾けられるので眠りやすい。

さらに、座席を確認してみると、
2階へ上る階段がちょうど後ろにある座席だった。
座席の後ろに階段があるということは、後ろには他のお客はいない。
つまり、好きなだけ思う存分、後ろに座席を倒せるわけです。
これは大きい!!これ以上ない好条件とも言える!!
極限まで座席を倒せれば、180度とまではいかないものの
150度くらいまでは座席を倒すことができる。
バス内の快眠には、最適の状況なのである。

しかも、発車してから気がついたことがもう一つ。
我輩の隣りの座席、つまり6B席に誰も座っていない。
このバスは、途中に乗車停留所はないから、もう誰も乗ってくることはない。
つまり、隣りの座席には人がいない。隣りが気にならないで済む。
そして、その空いている席を自由に使える。我輩は荷物を置いて使っていました。
ちなみに6Cは我輩の座っている6Aより6Bの席に遠いので、
6Cが使うことは、まずない。
まさかまさか、後ろ倒し放題、隣りの座席は使い放題という神がかり的な良席だったのです。

ちなみに、夜行バス(JRバス)には、いくつかの良席がある。
今回、我輩の座った後ろが階段で倒し放題の座席が2席ある。
この2席がおそらく、夜行バスでは1番だと思われる。

そして、それに次ぐのが2階席の最前列。
後ろに座席があるので、思い切り倒せるかは人がいるかいないかの運次第だけれども、
最前列は前方に机のようなものがある。
机とまではいかないけれども、物を置ける広いスペースがある。
物を置きまくるも良し、足を上げて寝易くするも良し、工夫の利く座席なのである。

先の2種には劣るものの、C列の座席は隣りとの座席の距離がそこそこあるので、
そんなに隣りは気にならない。C列なら、「当たりかな」と思える。

対照的に、最悪なのはB列の座席。
中央列の座席で窓に頭を傾けられないのもあるけれども、
何といっても、A列の座席の人がサービスエリアやトイレのために座席を立つ時、
必ず、B席の人の前を通らないと出られないような配置になっている。
そのため、もし気持ち良く眠れたとしても、A席の人によっては途中で起こされたりすることもあるので、
快眠には最も適していない座席と言えるでしょう。


とりあえず、JRバスはこんな感じです。
JRバスなら、中学生のころから乗りまくっているので、だいたいのことはわかります。
何か質問があればメールください。
もし指定できるのなら、2階の6A・7B・1C・1A・1Bの優先順位で指定することをお勧めします。
posted by ごろー at 01:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟へ行ってきました

競馬場アルバイトが新潟勤務になってから、初めて新潟観光をしてきました。
勤務が終了した後、リュックサックいっぱいの大きな荷物を背負ったまま、
新潟駅前のレンタサイクルに直行。
3時間100円という破格で貸してくれました。

まずは、新潟名物の「わっぱ飯」「のっぺ汁」
事前にネットで調べた味の評判の大変良いお店。
勤務中に、リポーターさんに話してみたら、
どうやら以前に行ったことがあったらしく、
「値段も手ごろだし、とってもおいしいよ」と保証してくれました。
期待がますます高まります。

途中で、有名な(?)萬代橋を超え、古町という飲食店が軒を連ねる通りにたどりつく。
すると、地図通りのところにお目当ての「田舎屋」という店を発見!
入ってみると、夕方の5時過ぎということもあり、お客はまだ我輩一人だけ。
鮭親子わっぱ飯、のっぺ汁、神馬藻、あさりの味噌汁、漬けもののセットをいただくことにしました。

P8100677.JPG

これで、お値段1700円!
ちょっと風情のある飲食店にしては、お手頃な価格です。

次に向かったのは、新潟市内を見渡せる「レインボータワー」。
ちょうど夕方だったので、夕日がとっても綺麗でした。
その夕日の下には、海やうっすらと佐渡島が見えます。
他にも、先ほど自転車で通過した萬代橋を斜め横から眺めることができます。
レインボータワーより5mほど低いところには、新潟のシンボルとも言える朱鷺メッセも見られました。
さすがは新潟県民の選ぶ美景100選になっただけのことはありました。

P8100696.JPG


そして、最後にどうしても新潟の地酒が飲みたかったので、
店の入り口に高級感の漂う店に勇気を出して入ってみました。
もちろん、店頭でメニュー価格を確認した後で、だけれども(笑)。

P8100710.JPG


地酒は「越乃北雪」(1合650円)をいただきました。
注文前に、お手頃な値段の中から、大将に「喉越しの良い、お勧めの酒」を選んでもらいました。
それだけのことはあって、口当たりはまろやか。
豚の角煮(750円)とお通しの枝豆と一緒に、内柴正人の柔道の戦いを見ながら、
米所・新潟の生んだ地酒に舌鼓を打っていました。
気がついたら、30分ほどで1合がなくなっていました・・・。
お金と時間があれば・・・「もう1合!」と言いたいところだったけれど、
今後の旅のこと、これから大阪に帰ることを考えると、
さすがにまだ自制心が働いたため、断念・・・。
新潟勤務最終週までに、新潟の酒で酔い潰れたい(笑)。

P8100713.JPG


posted by ごろー at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

塾講師、辞めます





7月いっぱいで勤めていた塾を辞めることにしました。
人に恵まれている職場だっただけに惜しいですが・・・。
生徒と先生の距離が近くて、本当に熱心な先生が多かった。
少し母校に似た空気もあった。
それだけに、なおのこと惜しい・・・。

辞める理由は1つではありませんが、主に労働時間ですね。
簡潔に説明すると、労働時間とお金が見合わない、とまとめられます。
最初は、お金は別のバイトで稼いで、塾バイトはやりがい、と思っていましたが、
やはり勤務時間を考えると、あの給料では意欲的になれなかった。
時給自体はいいのですが、時間外労働があまりにも多過ぎた。
また、「やりがい」の比重が塾にあった時は、そこまで考えていなかったのですが、
やはり自分のやりたかった放送のアルバイトを今年度からさせてもらって、
こちらにより強い「やりがい」を感じるようになった。特に、競馬中継のアルバイトかな。
そうなってくると、もはやその「やりがい」感が放送に偏ってしまって、
塾の仕事にやりがいを感じられなくなった。

「やりがい」は、自分の一番やりたいことにしか感じられないように思う。


ただ、「やりがい」だけでなく、他にも理由はあったのだけれど。
出勤したら、当日いきなりその日担当の子が急遽変わっていたり、
唐突に普段やっていないような科目を振られたり・・・。
しかも、事前に何の連絡もなく・・・。
こんなことばかりでは、予習しても全て無駄。
また、深夜1時ごろに電話がかかってきたりとか、
学生だから起きていると思われているのかもしれないけれど、
少し常識に欠けていると感じた。
ある時、社員が「うちの会社は、アルバイトのことを本当によく考えている」と言ったことがあった。
おそらく、社風からして本当のことなんだとは思う。
しかし、本当だとしても、それを社員の口からアルバイトに言うべきではない。
・・・この辺りは少し愚痴っぽくなってしまいました。ごめんなさい。

あとは、精神的な負担も大きなところですね。
別に、精神的な負担になる要因が塾だけなら大丈夫だったと思うのですが、
自分自身の中で負担となるものが他にもあり、抱えきれなくなった。
たとえば、アナウンススクールや来年に控えるアナウンサー受験、自分自身について・・・ですかね。
結果、塾という選択肢を手放すことにした。
理由は、精神的な負担のかかるけれでも今の自分に必要なものを考えたとき、「塾」という選択肢は残らなかったからだ。
本来の目標とは違うことにも心身を削って力を入れ、本末転倒になることだけは避けたかった。
それと、これまでの自分自身を考えた上で、
いっぺんに2つのことに力を注げるほど器用な人間ではないことをよく知っているからだ。
別に教員になる気があったわけではないけれども、
そろそろ自分の本来の目標だけに集中してやりたいし、
本来の目標に本気にならなければ、危ない時期にも来ている。
ちょうど今の時期が受験1年前なんです。

社員さんには、あまりいいようには思われていないのは確か。
だって、8か月も講師として使えるように育ててきたアルバイトが、
その途中で辞めるのだから、当然といえば当然のこと。
自分自身の根性が足りなかったというのもあると思う。
「本来の目標」「塾」と大枠に2つに分けて、
その両方を突き進めていけるだけの根性はなかった。
ただ、それでも2つのことを進めていって、本業(本来の目標)が疎かになってしまうことだけは避けたかった。
2つのことに同時に励む根性はないけれども、1つのことに集中して突き進む根性はあるのだから。絶対に。
後者の特性を生かしきれないまま、終わってしまうのはイヤだった。
人生で一番の大勝負なのだから、中途半端に二極集中して後悔はしたくない。
一極集中で、本来の目標に全力投球で、
全てを出し切ったと言える状態で後悔することなく挑みたい。
posted by ごろー at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

福島遠征


先々週から毎週日曜日は、バイトで福島へ出張しています。
放送のアルバイトの現場が福島なんですよ。
ちなみに7月中旬からは新潟に移る予定です。
もちろん、交通費は往復支給です。じゃないと、死んでしまいます(苦笑)。
ただ、日曜日なのに朝早くに起きて、8時過ぎの新幹線には乗らねばなりません。
また、日帰りなので東京に戻ってくるのは夜9時ごろ。
まぁ、仕事が終わった後に福島で遊んでいるからでもあるんですけどね。
だいたい17時ごろには仕事が終わり、それからは現地解散で自由。
新幹線の切符を変更して、数日後に帰ったって全く構いません。
要は仕事ついでに旅行、観光ができてしまうんです!!
泊まるところは自腹になってしまいますけどね。
ただ、今はもうすぐ試験やレポートの季節ということや、
他のアルバイトの都合により、泊まりがけでの福島観光はまだできておりません。
おそらくこのまま福島観光はしないかもしれません。
だって、福島、正直見るところが・・・ない!!(激苦笑)。
特に見たい名所や歴史建造物もないし(苦笑)。
ここ2回は、福島県内のラーメン屋を1日1件ずつ回っています。
この間の日曜日に食べたラーメンは当たりでしたが、
その前の日曜日は在来線で移動して住宅街にある店を発見したにもかかわらず、
外れという結果になってしまいました。さぁ、来週はどうなりますか。
他に福島では、やない製麺の「手より麺」に出会いました。
麺好きで、店のおばちゃんに勧められたのもあって、
試しに一度買って家で食べてみたのですが、
ツルッとしたのど越しで美味。
しかも、先週も買いに行ったら、麺の切れ端(いわゆる作業過程で出た中途半端な長さの麺)の塊が、
格安で売っていたので買って帰ってみたら、正式な製品とそんなに大差ない。
食感や味は通常のものと同じ。いいもの見つけました。
量も500gで470円ほどと、切れ端だと名産のわりに値段が張りません。
来週も買いに行こう。最終日には、まとめ買いしないと。

まぁ、旅行や観光は新潟まで待とうと思います。
新潟遠征になったら、5日間くらい宿泊して、佐渡島を観光してきます。
レンタサイクルで、自転車で島内一周を考えています。
こういうとき、免許があればなぁ・・・。
posted by ごろー at 02:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトンがやってきた

先週の金曜日、出張ついでに親父がやってきました。
金曜日の夜、どうしても外せない用事があり、
親父とは深夜に帰ってきて少し話しただけで、
申し訳ないことをしてしまいました。
我が家は、わりと最寄駅からわかりにくいところにあるのですが、
親父は難なくたどり着いたようで、
帰ってきたころには合い鍵で入って、眠っていました。

ただ、翌日は一緒に昼飯でもどこか美味しいところにいこうかと
話していたので、少し楽しみにしていたのですが、
朝9時ごろ、目を覚ますと、スーツに着替えた親父が・・・
「ほな、帰るわ」と一言・・・ええっ!!

夜、一人にさせたから怒っているのだろうか、
いや、それとも部屋が汚すぎて怒っているのだろうか、

なぜかは定かではないが、とにかく俺の朝食にサンドイッチとコーヒーだけ置いて帰っていきました。
慌てて、大阪にいる母親に、なぜか今オトンが帰った、と電話。
え!?なんで!?と同様の反応でしたが、
そこはさすが夫婦。母親の冷静な分析がありました。
親父は、かなり神経質で自宅以外だと、よく眠れないのです。
だから、今回も慣れない東京で、そうだったのではないかと。
確かに出張でホテルに泊まってもいい、と会社から言われても、
枕が、というより環境が変わると眠れないので、
何が何でも自宅に日帰りする親父ではありますが、
まさか息子の暮らす家ですよ、そんな何も気にするようなことは・・・
と思ったら、案の定、帰ってすぐに親父は寝たそうです。

それにしても、両親でこうも差があるものなのでしょうか。
お袋は以前やってきた時には、渋谷・原宿で妹とともに買い物をし過ぎて、
新幹線の終電に乗りそびれ、予定よりもう1泊してきましたが、
親父は唐突にほぼ何もしないまま、さっさと帰っていきました。
夫婦でこうも違うのでしょうか(苦笑)。


posted by ごろー at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

良からぬ訪問者

早朝の駅員バイトを終えて、自宅に戻り、
2限のゼミに出席するため、慌てて大学に行く準備を進めている最中、
コンコン!と玄関のドアを叩く音が聞こえた。
ちなみに、我が家にチャイムという現代的なものは、ない。

「どちらさまですかー?」と問いかけると、電気屋さんだった。
なんだろう、と思いドアを開けてみると・・・



小型印刷機のようなものを腰にまいた、おじさんがいた。
そして、最初に言われたのが・・・


おじさん「すみません、電気代の徴収に参りました」

我輩(心中)(あっ、やばい。3か月くらい滞納してたんだった(マテ

おじさん「全部で10810円になります」

我輩(心中)(はぁ・・・厳しいところだけど払わないとな、観念。

我輩、財布を開く・・・


全財産、3000円しかなかった(オイ
やむなく、1か月分の2800円だけ支払い、おじさんには帰ってもらった。
当然だが、「3000円しかない」と言っても、きちっと取られてしまった(苦笑)。

その結果、2限のゼミに遅刻。
さぁ、そろそろ出席数にもリーチがかかるのではなかろうか(汗)。

金も単位もピンチだ・・・(苦笑)。
posted by ごろー at 02:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

カラオケ採点


今日は、授業がゼミ1コマだけでバイトもなかったので、
お昼から、ちょっと人には言えない秘密な娯楽をしてきました。

「一人カラオケ」

意外と面白いですよ。
何にも気にせず、ひたすら歌えます。
何にも気にせず、ひらすら狂えます。
最高のストレス発散法ではないでしょうか。

ただ、今日はカラオケボックスにあった採点機能について書きます。
機械がわりと新しいもので、採点機能にも3種類くらいあったのですが、
その中に「オヤジクライシス」という採点方式がありました。
どんなものか、試しに一度やってみると、
画面の端にいきなり渋い顔をした親父が現れる(汗)。

そして、曲が始まると、その本性をいよいよ発揮します(汗)。
キーを少しでも間違えると、「ガシャン」と音を立て、
画面にどんどんヒビが入っていきます。
もちろん、本当にヒビが入るのではなく、そういう画が入るだけですが。
ただ、それがどんどん重なっていくと、次第にヒビで画面が見えなくなり、
表示されている歌詞がヒビで隠れて、見られなくなっていきます。
最終的には、「おい、どこ見て歌えっていうんだよ」というくらいに(苦笑)。

それで結局何が言いたいのかというと、
これで改めて我輩の音痴が証明されたということです(苦笑)。
posted by ごろー at 00:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

お休み

今日は久々のお休みでした。
足の骨膜炎が完治してからというもの、
後日詳しく書きますが、
所属である教育学コースの1泊2日の親睦合宿、
所属ゼミの農業体験合宿(3泊4日)がありました。
さらには、今月中に提出の課題に追われ、
やっと休みかと思えば、5月も末日ですよ・・・。

合宿だけで、今月は諭吉が4枚飛んでいきました・・・。
それに加えて、夏に向けてそろそろ貯えを作らなければならないため、
6月上旬に5日間ほど荷物運びの派遣バイトをしてきます。
「うまくいけば」、レギュラーバイトも含めて20万貯める予定です。

ただ、その前に明日から競馬中継のアルバイトが始まります。
最初の勤務が、1年において一番の競馬の祭典、「日本ダービー」です。
ミスできません。今、正直かなりプレッシャーと不安がある。
最後まで、しっかりとこなせるだろうか。

心決めて、やるしかない。
うまくいけば、というより普通にやれば、かなりいい経験になる。
posted by ごろー at 00:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

完治。が・・・


ようやく足が完治しました。
今日、最後の通院を終え、
「もう来年は100km歩いたりするなよ」と再度、念を押されてきました(苦笑)。
アルバイトも復活し、昨日から塾の先生、今日から駅員さんもやってます。

しかし、今週初めにコース合宿で、避暑地・軽井沢に行ったからなのか、
火曜日から37度の発熱(滝汗)。
平熱が35度台の我輩にすれば、微熱どころではありません(汗)。
今度は内科に行って、新しいお薬をもらってきました。
当分、薬と離れられない生活が続きそうです(苦笑)。

そういえば、今年の風邪は熱が下がっても咳が残るそうで・・。
かく言う我輩も全く同じなわけでして・・・。
そんな状態の中、今週の土曜日〜火曜日にかけて、
ゼミ合宿で長野県は安曇野まで飛んで、農業に従事してきます。

あぁ、5月中の課題に試験もあるのに・・・(鬱)

posted by ごろー at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

寝たきりライフ


今日も病院に行ってきました。
診察室に入ると、いきなり先生から「昨日、近くのコンビニまで行ってたでしょ」とカマをかけられ、
見事にハマってしまいました(苦笑)。
その後、リアルに「死ぬよ」と再び宣告されました(滝汗)。
ここ数日、病院に行くたびに、「もう100キロハイクなんてするんじゃないよ」と、
先生からも看護婦さんからも言われます(苦笑)。
もうやりたくないと思っている反面、来年は未定としている自分がいます(笑)。

100キロハイクが終わってから、
1日の大半を自宅で寝たきりで過ごし、
1日1回病院と自宅を往復する日々です。

ここ数日、早く動きたくてしかたない自分がいます。
病院に行くたびに、もう外出してもいいですか、と尋ねています。
3日間、強制的にほぼヒッキーの状態になってみて、
我輩はとても活動的なタイプなんだということを発見できました。

これまでは、忙しい日々のなかで、たまに1日だけボーッとする日をとても幸せに感じていて、
こんな日をずっと続けられれば、どんなに幸福だろうなんて考えたりもしました。
ただ、それは普段動いているからこそ、たまの骨休めを心地よく感じていただけであって、
本質的に在宅タイプではないのだと、今実感しているところです。

そんな退屈な日々を送っているのですが、
その中にもいささかの楽しみはあります。

まずは、朝の「暴れん坊将軍」の再放送。
シンさん、格好いい(素)。
最近、徳川吉宗公に傾倒しております。
それくらいハマっています。
毎回、話の大筋は同じなんですが、辞められないんですよね。

終盤では、必ず、
吉宗「控え、余の顔見忘れたか」
悪人「あ、上様!!」「ははぁーっ!!」
吉宗「潔く腹を切れ!」
悪人「えーい、こやつは上様の名を語る偽者じゃ、出あえ、出あえーっ!」or「えーい、上様でも構わぬ。切ってしまえ。出あえ、出あえーっ!」or「えーい、こうなってしまっては致し方ない。上様、覚悟!!」
というやり取りと決まっているのだけど、
上に立つ絶対的な権力者が下の者を救い、悪をこらしめていく様は気分爽快。
人々の人情がたまらん。毎回違う登場人物の背景も実に人を引きつける。
帰省した際には、絶対に太秦映画村に足を運ぶつもりです。
興味のある人、誰か付き合ってやってください。

次に、病院帰りに食べる昼食です。
足が動かない状況ですから、当然立ちっぱなしで料理なんてできません。
すると、家で食べるものも電子レンジですぐにできるものと限られてしまうわけで、
そんなに旨いものが食べられるわけではないのです。
だから、この病院への外出ついでのランチは最大の楽しみなんです。
といっても、そんなに歩けるわけではないので、
病院に1番近いインド人のやっているカレー屋さんに、足繁く通っています。
おそらく数種類あるカレーを全て制覇できると思われます(笑)。
ほぼ毎日くるので、店員さんも「松葉杖の客」と覚えてしまったようです(汗)。
1日3食のなかで、唯一の楽しみとなっております。

そして、次はTOKYO MXテレビ(ケーブル局)の「5時に夢中」という番組。
東京でもかなりマイナーなので、知っている人が何人いるかわかりませんが、
民放のワイドショーとは一味違います。
夕方の時間帯から、普通に時事ネタ、芸能ネタについて、
下ネタトークや放送コードギリギリの会話が飛び出します(笑)。
こんなの放送していいのかよ、と思わず吹いてしまう。
しかし、そういうツッコミどころ満載なところが面白いです。

と、ほんの少しではありますが寝たきりライフを満喫しております。
今日は、二足歩行がやや可能になってきました。着実に良化していることはわかります。
地面が平坦な部屋の中では、少しの時間なら移動できます。
ただ、まだ途中でバランスが取れなくなることもあるので要注意。
対して外では、靴を履いて凹凸のあるアスファルトを歩くのは、松葉杖なしではまだ難しい模様。
特に階段はつらいです。住んでいるのが二階なので、病院に行く時はいつも通るのですが、
正直、上りも下りもきついです。
明日の朝、状態がどう変わっているか期待して本日も就寝いたします。
posted by ごろー at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死刑宣告






昨日、再度病院に行くと、
「病院に来ていなかったら、なんとかかんとか血珠(けっしゅ)で死んでいたかもしれない」
とリアルに医師から通告された、いなりゅーです。
死んでなくてよかった・・・・(滝汗)。

足、一昨日よりほんの少しマシになりました。
松葉杖も一昨日より慣れてきて、だいぶ使えるようになりました。
今日は、徒歩5分の道のりを30分ほどかけてではありますが、
コンビニまで行けるようになりました。
着実に良化はしているようです。

先生からは、
「全治一週間、絶対安静」と今日言われました。
大学の所属コースの1泊2日の軽井沢合宿に行けるだろうか。今週の日曜日なのだけれど。
ただ、アルバイトは今週いっぱい全休をいただきました。
急で大変申し訳なかったです。まさか、ここまでなるとは全く予想していなかったもので。
代わってくださった方々には、感謝してもし尽くせません(素)。
仕事をする上で、これではダメだとつくづく考えさせられます、ここ数日(素)。

大学も今週はほぼ全休で決まりそうです。
ただ、ここの欠席は予想していなかったので、リアルに単位がまずい(汗)。
今後はテスト終了まで全授業フル出席が義務となってきました(素汗)。
お医者さんは、診断書を書いてくれる、とおっしゃっているので、
それでどうにかできるようなら、どうにかします。
とにかく、単位取得のため来週から授業もリアルに頑張ります。
1限がどんなにきつくても、死ぬ気で起きて大学行きます(汗)。
前半に休みすぎたツケが今ごろに回ってきてしまった、バカ、俺(苦笑)。
最低限、必修とゼミは守らなければ・・・(苦笑)。
後半は、もう火曜日〜金曜日まで休みなしになりそうです(汗)。
posted by ごろー at 22:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100キロハイクその4


◎第5区
本日、最大の鬼門。
昨日の二区に相当するところです。
所沢キャンパスの森、狭山湖周辺の山々を抜け、
ひたすら直線の新青梅街道を、20kmほどの直線をひたすら歩く。

途中で、75歳の早稲田OBに話しかけられ、
励ましの言葉をいただきました。
その老人の帽子には、「早稲田125周年」の缶バッジが。
ただ、「早稲田」という繋がりだけで、
いきなり交流ができるのだから面白い。

さらに、ある老夫婦にも途中で話しかけられました。
そのうち奥さんが、
「私、毎年100キロハイクの参加者がここを通るのを楽しみにしているのよ」
と言ってくださいました。
早稲田が、100キロハイクがいかに一般の方々に愛されているかを知りました。

また途中のガソリンスタンドでは、
「早稲田、あともうちょっと、頑張れ!」というプレートをわざわざ作成してくださっていて、
店頭に早大生に見えるように置いてありました。
こんなことしたってお店にとっては、なんの利益にもなりません。
にもかかわらず、こうやって気持ちの込められたメッセージを届けてくれることが嬉しくてたまりませんでした。

迷子になった時、親切にも道を教えてくれた老夫婦もいました。
「頑張れよ!」と声をかけてくれる警備員のおっちゃん。
「ご苦労様」と言ってくれる、通りすがりの買い物帰りのおばちゃん。
他にもたくさんの方々が声援をくれました。
人の言葉が、こんなにも心に染みたことは大学に入ってからありません。
きれいごとではなく、その言葉の一つ一つが本当に走る気力に変わるんです、本当に。

休憩所手前では、もうかなり発狂しておりました。
ひらすら「紺碧の空」を唄って歩いたり、
休憩所が近いことを示す、橋が見えたときには、
「橋、きたーっ!」と
人通りがあるにもかかわらず、大声で叫んでおりました。
posted by ごろー at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

具なし不味カレーの行く末

昨日、カレー粉が余っていたのでカレーをつくりました。
ただし、時間とお金の節約のため具なし(笑)。
にんにく5片と鶏がらスープ、そして牛乳少々とカレールー、仕上げのガラムマサラだけで完成させました。

ただ・・・鶏がらスープを入れ過ぎたためか、野菜の甘味がないせいか、やや塩辛い・・・(苦笑)。
5日間(予定)もこんなカレーライス食べてたら、塩分過多で死んじゃう、というより無理です。
処分するなんてもったいないし・・・


ピカンッ!!


ご飯と炒めてドライカレーにしてみました。




絶妙なバランス!!液体の時のような塩辛さがなく、
香ばしいカレールーがご飯に絡み合って、ウマイ!!
これで当分は、ドライカレーで凌げそうです(汗)。

posted by ごろー at 01:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

充実した連休に(その2)

5月4日
以前からブログに書いていた、突然舞い込んできた放送関係のバイトにお試しで行ってきました。
どんなお仕事かというと、某ラジオ局での競馬中継に関するアルバイトです。
ただ、これまでのアルバイトと比べて、かなり責任重大な仕事です。
我輩がミスをすれば、放送事故も普通に起こってしまいます(滝汗)。
だからこそ、これまでのアルバイト以上に放送の責任や経験を感じられます。
こんな貴重な経験をさせてもらえる機会、学生のうちにめったにないと思う。
それに競馬という我輩の一番好きな、一番やりたいジャンルの仕事。
これ以上、言うことはありません。

ただ、少しの間は予定が詰まっているため勤務はできない状況です。
しかたなく、そのことを先方に伝えると1ヶ月後からでも良いとの返事をいただけました(涙)。
よっぽど、人がいなくて困ってらっしゃったのだとは思いますが、
それでも採用していただいて、歓喜です。
だって、プロのアナウンサーの競馬実況を間近で聴くことができ、
その上、ほぼ1日お話することができる。
さらに他局の方も近くにいらっしゃるので、たくさんのお話を伺えます。
この日も何人かの方々とお話させていただいて、
「あ〜、こういう人がアナウンサーになるんだな」「こういう人がマスコミに就職するんだな」
という、アナウンサーになる人が持っていなきゃいけない空気、感じ、雰囲気を見ることができました。
とても勉強になるお仕事だと思っています。

他に、特典はあるのかと言われれば、
競馬をスタンド最上階の特等席で見られる、ダービーや有馬記念などのGIレースも。
夏は新潟や福島の競馬場へも、仕事で行くことができる。
さらに、毎週馬券が買えます(笑)。

こんなこと書いておりますが、ミスをすればいっかんの終わり(素)。
絶対にミスは許されないお仕事です。
将来、アナウンサーになる上で大切な経験をさせてもらえると思っております。
だから、常に完璧に仕事ができるように日常からその訓練をしていきます。
全ては、日常生活にあり。我が師匠の言葉です。
posted by ごろー at 01:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

充実した連休に(その1)

GW初日、といっても4月29日以降ほぼ自主休講しているので、
あまり休みという感覚がありませんが(マテ

今日は神宮に大学野球を見に行こうと思っていたのですが、雨天中止。
急遽予定変更で、新宿にて映画鑑賞&ショッピング〜!
12時過ぎくらいに新宿の映画館に到着すると、
「これがGWというものなのか!」と思わず驚嘆してしまうほどの長蛇の列(苦笑)。
しかも、お昼の時間帯の上映は既に満席(泣)。
しかたなく、映画鑑賞を夕方の時間帯に切り替えて、チケットだけ購入し去りました。

お腹も減ってきたので、「東京純豆腐」で久し振りに豚スンドゥブ(ベリーホット)を食しました。
以前に(マイルド)にして辛さが全然足りなかったので、辛さレベルをいきなり2ランクもアップしてみました!。
結果・・・もっとご飯が欲しかった(素)。
額から滴る汗、2度も水をおかわりする我輩(苦笑)。

その後はヨドバシカメラに赴き、島根旅行で破壊されたデジカメを修理に。
結果、諭吉が1枚はばたいていきました(激苦笑)。
今月、合宿2発もあるのに、本当つらいわ(泣)。
あとは切れかけのプリンター用紙を補充し、
以前からずっと欲しかったヘルスメーターを購入!
なぜか「体重計」と言うより、「ヘルスメーター」と言う方が少し恥ずかしさが和らぐのは我輩だけでしょうか。
1メモリ1kgというとても大雑把なものです、でも1500円なんで文句は言えません。

そして、再び映画館に戻り、ずっと見たかった映画「砂時計」を鑑賞しました。(体重計、重い(泣))
上映が始まってから座席につく輩、逝ってよし。
ストーリーの中盤で、着メロなり始めるバカ、素で逝ってよし(リアル
と、そんなことはさておき、肝心の内容はというと、
ドラマ・漫画(原作)・映画と見てみて、正直、映画が一番内容が薄いです。
ドラマや原作書籍を見た後に、映画版を見るといつも同じ気持ちになるんだよなぁ。
昼ドラ(30分×60話)でやったものを、おおよそ2時間のうちに収めるのですから、
物理的に当然といえば当然なのでしょうが。
いくつかあるストーリーの核となる部分をそれぞれ大雑把にというか、
その核の一つ一つをちょこちょこっとむしり取って、端的に紹介したというところ。
一つ一つのエピソードがかなり薄くなっているように感じました。
普通に泣きましたけど、端折られている部分も多く、繋がりが不透明な感じ。
それに主人公・杏の大悟への気持ちが思春期から大人に至るまで、
ずーっと忘れられず続いているというところが表れていないように我輩は感じました。
やはりこのストーリーは、映画の時間内では伝えきれるものではないと思う。
昼ドラのように時間をかけて詳細が丁寧に描かれていなければ、
この一筋の想いが聴衆に明確に伝わらないように思う。

個人的には、
昼ドラ>漫画(原作)>映画の順で面白かった。原作者には失礼だけど。
ただ、我輩は昼ドラを最初に見たので、先入観は否めませんが。
しかし、映画よりは原作や昼ドラの方がいいと言えるとは思う。
posted by ごろー at 01:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

コース歓迎会


先ほどの日記にも書いたとおり、先日、教育学コースの新2年生歓迎の飲み会がありました。
1次会は上級生と混じって飲んで、何とか自身のキャラを出せ、
強いインパクトを与えられたのではないかと思います、色んな意味で(苦笑)。
上級生の間では、我輩がゼミの自己紹介の際に、
「早稲田が好きなので、早慶戦の日は授業お休みさせてください」
と発言したことで話題になっていたそうです(苦笑)。

同級生では、昨年朝鮮語の授業で一緒だった女の子が一人いるくらいで、
あとは全くの初対面でした。

2次会は、学年別に分かれて、2年生のみで行われましたが・・・。
カオスというか、アホというか・・・・。
酔った勢いで、かなり可愛いげな女の子に手を肩にまわしたりして絡む輩もいれば、
1次会の前に私的に0次会をやっていたためか、
畳の上でリバースしながらぶっ倒れるバカもおりました(激苦笑)。
つまらない飲み会、暗い飲み会よりは100倍いいですけどね(苦笑)。

ただ、人に迷惑をかけない程度にやってくれ(素)。
人に迷惑をかけるほど飲んではならぬと我輩は昨年知りました(自爆)。
posted by ごろー at 23:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育学コースについて


我輩も2年生になり、意に反してではあるものの、
ご縁があって、文学部の教育学コースに進むことになった。

本当は社会学コースに進みたかったけれど、
今は教育学コースに来てよかったのではないかと早くも素で思い始めている。
まず教育学コースでは、2年に進級してすぐに所属ゼミの合宿がある。
さらにコース内で親交を深めるために、1泊2日のコース合宿もある。
もう一つさらに、教育学コースはコースの先輩たちを見ていて非常に仲が良い。
教育学コース新2年生歓迎のコンパまで開いてくださった。
ちなみに教育学コース以外は、コース内で新2年生を歓迎するコンパなんてしないそうだ。

授業よりも飲み会やそこで人と話すことの好きな我輩にとっては、
教育学コースは合っているのではないかと思う。

そして、勉強する上でも、大して学問に身を投じるわけでもない我輩には、
社会学という漠然とした広い海に放り込まれるより、
社会学の中でも、特に教育に的を絞られる方がやりやすいのではないかと思う。
これはあくまでも個人的な感覚ではあるけれども。
「教育」とテーマを決められている方が取組みやすいと感じております。
それに「教育」に関する社会問題には興味はありますし。

くわえて、先日、社会学コースに進んだ昨年の級友に社会学の教科書を見せてもらった。












・・・・・。











煤iシグマ)がたくさんあった・・・。
3年前くらいまでは目にしていたであろう公式があった・・・。
理解不能な長々として公式がたくさんあった・・・。

はっきり言って、俺、シグマできません。
計算の仕方わかりません。
ちなみに高校時代のシグマを中心として定期テストは14点で、クラス最下位を記録しました。


やはり我輩が、教育学コースに進んだのは正解だったのだと思う(素)。
じゃないと、卒業できるかどうか・・・(苦笑)。
posted by ごろー at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。