2008年11月20日

雑記

元・厚労省次官の妻が刺されて重傷というニュースが飛び交っていますが、
実はその現場、自宅から1kmくらい先のところにあります。
こわや、こわや。政治犯っぽいから、うちには来ないと思うが。
被害者の回復を祈っています。

そういえば、今日、1年半ぶりに高校の同級生S氏に会いましたよ。
キャンパス内で友人と話していたら、ふとたまたま通りかかって。
お互い、なんでこんなにも大学で会わないのか不思議がっていました。

今日は疲れたので、これくらいで。




posted by ごろー at 01:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

気配り

明日からアナウンススクールの合宿で箱根(2泊3日)へ行ってきます。
合宿中には、さまざまな大会が催されます。

卓球大会
ピン芸大会
コンビ芸大会
テニス・シングルス大会
テニス・ダブルス大会
女装大会
ボーリング大会
水泳大会
パターゴルフ大会

学生は全ての競技への参加が義務付けられています。
そして、ただの大会ではなく、いかにボケられるか、いかに笑いをとれるかも重要視されるのです。
しかも、すべて3位までには賞品が出るという・・・。

それで、今日はその賞品を先生と一緒に選びに行ってきました。
ただ、そこで感じさせられたのは、とてももらった人の気持ちを考えて先生が賞品を選んでらっしゃるということ。
賞品の合計30点。それぞれ、時流に合ったものか、ウケるか、もらっても使い道に困らないか・・・。
試行錯誤をこらして、結局2時間かけて選んでいました。

昨年、喜んで頂いていた賞品に、先生がここまで気持ちを配ってらっしゃったとは。
一緒に選んでいただけですが、勉強になりました。



※明日から日曜日まで合宿のため、更新できません!申し訳ない!!
posted by ごろー at 03:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

聞きたい言葉

「お前いないと困る」


今日、教育学を専攻している2年生で飲み会があった。
そして、上の言葉はその時に幹事を務める同期からの言葉です。
我輩は私用のため途中から飲み会に合流したのですが、
到着したときは飲み会なのに、想像以上に静かだった。
どうやら盛り上げ役を必要としていたらしい。

飲み会の前、日中にキャンパスで会った同期からも一言あった。

「お前いないと、俺、絡みやすい奴いないから、早めに来てくれ、な!」


ただ、自慢したいわけではありません。
今年に入って、我輩は一つの目標を立てました。

「場を明るくできる空気を持った人間になりたい」と。


1年生の時、我輩は初対面の人と話すのが苦手だった。
どう会話をつづけていいのか、四苦八苦していた。
だから、飲み会でも場を盛り上げるどころか、なんとも気まずい空気にしてしまうことも。
会話の歯車が合わない、気を遣う、なんかイヤな感じ。

そんなとき、アナウンスサークルで1人の4年生の先輩と出会った。
その先輩は、サークルの活動には、たまにしか来ないのだけれど、
抜群の存在感を持っていて、その人がちょっと顔を出すだけで、
その場の雰囲気が一気にパッと明るくなる。
その空気を自分もまといたかった。

だから、今年の1月に、
アナウンススクールで「今年の目標は?」と師匠から尋ねられたとき、
上記のような人間になりたい、と答えました。


今日は、その今年の目標に少し近づけたのかな、と感じられた1日だった。
posted by ごろー at 01:54| 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

湯たんぽ


最近、どうしても寝つきが悪くて、夜更かししています。
暖房はつけているのですが、寒さが勝ってしまい、
布団に入ってもなかなか眠れません。
そこで、昨年の冬に購入した「湯たんぽ」を取り出してみました。
やかんで沸かしたお湯を注ぐと程よい暖かさを得られます。
電気代が嵩んでしまうコタツに代わって、起きているときも大活躍です。
ただ、昨日は湯たんぽのお湯を満タンにして、床についたら、
朝起きてみると、くるぶしの辺りを火傷してました・・・。
靴を履いて歩くとき、擦れて痛いです・・・。

オロナインで早く治さねば・・・。
posted by ごろー at 00:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

充実


最近、「充実」という言葉からかけ離れています。
1年生から2年生の9月まで、
特に今年の夏休みの旅ばかりの日々が終わるまでは、
充実そのものでした。

しかし、10月に入ってから堕落した日々ばかり続いています。
日記に記しているように、そこそこ活動はしているのですが、
本当に活発だったころの充実感がありません。
この1か月半の間、一日中ゴロゴロと家で過ごす日々がどれほどあっただろうか。
そのたびに、また1日を無駄にしてしまったと思うのだけれど、
その心地よさからなかなか抜け出せないでいます。
9月にほぼ毎週旅に出ていたため、
10月はバイト代も少なく、動けなかった。
少しの間、休息をとりたかった面はあるが、
それでも、今の今までマッタリしているのは休みすぎ。
休息がいつの間にかダラダラした生活に代わってしまった。

さらに、今年は学祭にも参加せず・・・。
昨年死ぬほど行った大学野球も応援に行かず・・・。
代わりに上記の行われた日に、福島までOB訪問に行ったり、競馬場でアルバイトしたりと、
動いてはいます。それはそれで、とても良い経験になっていることは確か。

ただ、それでも何か満たされないのは、「仲間」という要素が滑落しているからではないかと思うんです。
確かに福島へのOB訪問も競馬場アルバイトも充実していますが、基本的には単独行動。福島も先輩と2人だけで行きました。
学祭のように大勢で何か一つの目標に向かっていくこと。
野球の応援のように、大勢で一体となって楽しむこと。
それらが我輩の最近の活動には、ない。
というより、今年に入ってから、ない。
そして、OB訪問も競馬場アルバイトも基本的には「自分のため」にやっていること。
さらには、趣味の一人旅も全て自分が楽しむためのもの。
それらの行動には、自分自身の利益しかない。エゴイストだ。
そして、「人」が、ない。
人のために何かやること、人と一緒に何かやることが決定的に欠けている。
人が関わることによって、得られるもの。それがまだ自分にはない。


先週、久し振りにサークルに顔を出したら、後輩にこんなことを言われた。


後輩「先輩、競馬実況の練習会、開いてくださいよ!」


アナウンスサークルにおいて、2年目以降の会員で競馬に関心があるのは我輩くらい。
昨年は、競馬好きな4年生の先輩(現・社会人)が一人いらっしゃって、
競馬練習会を開いては、競馬好きの我輩をよく誘ってくださった。
先輩が競馬関連の番組や作品を創る時には、必ず我輩を呼んでくださった。
なのに、我輩は自分自身の経験や利益ばかり追求して、
後輩のために、人のためには何もしてこなかった。
競馬の好きな後輩が活動できる基盤(競馬関連の作品・番組制作)さえ、つくってこなかった。
自分は先輩からたくさんその基盤をつくってもらっていたのに。
全ては自分のためにだけ行動していたように感じる。

だから、今度その後輩の求めもあって、競馬実況の練習会を開こうとしている。
声掛けしたら、先輩一人と同期一人が協力してくれた。
こういう練習会を開くのは、サークル内の幹部に承認をもらったりと、
わりとややこしいのだけれど、面倒くさがらずやってみる。
人のために、何かやってみよう。
人と一緒に、何かやってみよう。
先輩にもらったことを今度は返さないといけない。
そうすれば、心も満たされるかもしれない。
posted by ごろー at 22:34| 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

授業中のハプニング



先日、ハングルの授業中に珍しいことがありました。


先生「何だか○○さん、嬉しそうね。何かいいことあった?」

○○「はい、結婚しました。2ヶ月前に」


え、えーっ!?
推定22歳くらいと思しき女学生。
我輩と2歳くらいしか違わないのに、
もう結婚とは・・・。
ずっと彼女すらいない我輩とは次元がかけ離れています(苦笑)。

さらに先生(推定30歳過ぎ・独身女性)も、
「まさか、教え子に先を越されるとは・・・」
と呆気にとられていました。

世の中、いつ何が起こるかわかりません。
posted by ごろー at 02:30| 大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

プール




最近、また水泳をやり始めています。
大学の地下にある25mプール。
水泳部が練習している隣りでゆっくりと泳いでいます。
1回100円で利用できるだけに、今後も重宝しそうです。

さすがに中学時代に、水泳部やスイミングクラブのマスターズで、
おじいさんやおばあさんとバリバリ練習していたころと比べれば、
その練習量の3分の1くらいに過ぎませんが、
それでも結構身体に堪えます。疲れが残りますね。
昔のようなスピード、距離では泳げません。
それでも、泳いで自分を追い込んでいくと、
だんだん爽快になり、もっと泳いでみるかなという気持ちになるあたり、
まだ水泳が好きなんだなぁと感じさせられます。
単にマゾっ気が強いだけかもしれませんが(苦笑)。
posted by ごろー at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煽り

最近、物価高騰の流れが貧乏学生の生活をも直撃するようになりました。
近くのよく利用するローソンストア100のりんごジュース。
砂糖・加糖入りのジュースを嫌う我輩は、
ここの果汁100%りんごジュース(1リットル・100円)を大変重宝しておりました。
しかし、昨日買い物に行ってみると、
なんと果汁70%にまで下がっているではありませんか!?
これは何たることかと、陳列棚の奥の方まで確認してみましたが、
全て果汁70%でした。
100円という値段を保つには、薄めるしかなかったのでしょう。

さらに、そのジュースと同じくらいよく買っていたカセットテープ。
90分テープ×2本で100円と大変お買い得だったのですが、
最近になって90分テープ×1本で100円とおよそ倍の値段に。
今時、カセットテープはないだろ、という突っ込みは置いておいて、
値段が2倍になるのは相当な痛手です。

オバマさん、どうにかしてください。
posted by ごろー at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

「俺」





今日は、18時から調査協力をしてきました。
授業で知り合った韓国人の大学院生の求めにより、
30分間のインタビューに答えてきました。

テーマは、「俺」をどのような時に使うか。
20代の男性を対象に調査しているそうです。
これまで全く考えてこなかったけど、
普段、場や人に応じてたくさんの一人称の表現を使い分けている。
たとえば、「俺」「私」「僕」「自分」。ここでは「我輩」かな。
その場でサッと考えたので、深い考察・回顧はないけれども、
「私」<「自分」<「俺」の順に「相手への親しさ」の度合が増しているように思う。
「私」は初対面の人、その中でも特に友人からの紹介などではなく、
何の繋がりもなく初めて会う人に対して多い。
そして、「俺」という表現は、同期、なかでも特によく話す、波長が合う人に対して使うと思う。
「俺」という表現に、ラフな感じや気を遣わないでいい感じが含まれていて、
ざっくばらんに話を進められる一人称に感じる。
そして、ちょうどその間に立つのが「自分」という表現。
「私」ほど畏まらず、「俺」ほど雑ではない、程よい中間的存在。
ちなみに、目上の人に対しては「僕」「私」が多いかな。
ただ、「僕」は子供っぽい感じが自分の中であるので、あまり好んで使いませんが。
どんなに親しくなっても、「自分」までだと思います。目上の人には。

というような話をしてきました。
そして、お礼に500円分の図書カードを頂きました。
恐縮です。

posted by ごろー at 03:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

OB訪問・番外編

OB訪問に行く前、一緒に行く先輩と電話で打ち合わせをしたとき、

先輩「今日、パチンコで5万勝ったから、晩御飯おごってやるわ、何でも言え。1食2500円くらいのものでも食べようか。」

我輩「マジっすか!?」


東京に戻ってきた夜、

先輩「飯に行こうか」

我輩「はい!」

かなり期待する俺・・・。

しかし、連れていかれた先はリンガーハット。
ちゃんぽんのお店でチェーン店。しかも麺がゴムみたいで美味しくない。
それでも、おごってくださることに心では感謝していたのですが、
お会計時に・・・

先輩「630円ね!」

我輩「・・・はい。」

まさかまさかでした。
先輩なんだから奢れ、なんて卑しいことは言いませんが、
あれだけ大きなこと言っていたのだから、
630円くらい奢れよ、と心の中で思ってしまった。


posted by ごろー at 02:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。